在宅アルバイト|女性限定・高収入

WEBデザイナーの在宅アルバイト


WEデザイナーの在宅アルバイト

好きな時間にできる!在宅webデザイナーってどんな仕事?!

【webデザイナーとは?】
一般的に一つのホームページを構築する上で必要なクリエイターは5種類だといわれています。それは、webディレクター、webデザイナー、ライター、コーダー、プログラマーです。中でもwebデザイナーがwebディレクターとコーダーを兼ねる場合もあります。具体的な役割としては、webディレクターはホームページ作成依頼者と打ち合わせをし、企画設計をしてスタッフに指示を出すいわば現場監督の存在です。
webデザイナーはwebディレクターの企画にもとづいて、ホームページのデザインを行います。コーダーはwebデザイナーが仕上げたデザインのデータをhtmlにします。プログラマーは、ホームページに設置するコンテンツのプログラムを組みます。
ライターは、ホームページに掲載するキャッチコピーや文章などを作成します。webデザイナーはそのライターの文章を見て、デザインを作る役どころです。ざっくりとした説明ですがwebデザイナーはホームページの見栄えを整える役割をする仕事だといえるでしょう。

【求められるスキル】
webデザイナーに求められるスキルは大きく分けて5つ挙げられます。それは、Photoshop・Dreamweaver・html・CSS・java scriptといえるでしょう。これらは教育機関で学んだ人もいれば独学で学んだ人も多くいます。webデザイナーとして収入を得るには、ホームページを作成できるだけではなれるものではありません。webデザイナーに求められるスキルは、『優れたデザイン力』だけではなく、クライアントの意向に沿える表現力だといえるでしょう。

【努力次第で高収入!】
webデザイナーは、努力次第で在宅ワークでも十分な収入を得られる可能性があります。一つの案件でも50万円から取れる案件も存在しますし、ページが増えればその分上乗せされ100万円以上の案件も存在します。努力次第で高収入は可能です。

【webデザイナーの仕事はどうやって受ければいいの?】
近年、クラウドワークスというサービスが認知されてきております。代表的なサイトといえば、クラウドワークス・ランサーズなどがあげられます。
まずは、そこに登録!
サイトをみてみると、いろいろな依頼・案件の依頼があります。その中から、自分にあった案件をこなしていくのもいいでしょう。

Googleページランク